レーザープリンターのリサイクルトナー

レーザープリンター用のリサイクルトナーについて

電子化、ペーパーレスがビジネス業界で叫ばれ始めて随分経ちますが、

 

やはり紙のが見やすい場合というものは多いようで、

 

レーザープリンターはオフィスには必須のものとなっています。

 

そんなビジネスで必須のレーザープリンターですが、

 

本体は低価格化が進んでいるものの、

 

まだまだランニングコストはそれなりに高いものとなっています。

 

特に、トナーの購入費用というものはけっこう馬鹿にならない金額となってきます。

 

ただ、そういったランニングコストの悩みを解決するものがあります。

 

それが、リサイクルトナーです。

 

リサイクルトナーは文字通りトナーをリサイクルして使っているもので、

 

具体的には使用済みの純正品トナーを回収し、

 

分解、洗浄、修理などを経て純正品と同様のトナーを充填したものです。

 

最近では、リサイクルトナーを使う企業もかなり増えてきました。

 

このリサイクルトナー、最大のメリットはもちろん価格が安いことです。

 

その価格は純正品の半分以下という場合があったりするほどです。

 

では、なぜここまで価格が安いのでしょうか。

 

それは、プリンターメーカーの計画として、

 

本体を安くして利益を減らす代わりに、

 

買ったら使い続ける間はずっと必要となるトナーに利益を大きく載せているからです。

 

また、リサイクルトナーの場合は純正品部材再利用しているので、

 

トナーの部品製造や開発設計にかかるコストがない、ということも価格に影響しています。

 

他には、複数の企業が製造しているため、競争の原理が働くという点もあります。

 

ただし、デメリットもあります。

 

純正品ではなく様々な企業が製造しているので、品質は製造元によってバラバラです。

 

その品質も向上してきているので最近ではトラブルが起きることは少なくなってきましたが、

 

それでも、信頼できる製造元を選ぶ必要があります。

 

ですので、

 

きちんと販売しているリサイクルトナーに保証がついているものを選ぶことが重要となります。

 

プリンターのランニングコストを大きく圧縮できるリサイクルトナー、賢く活用していきたいですね。