複合機のリサイクルトナー

複合機のリサイクルトナーについて

複合機のトナーは、メーカーの純正品を使う人がほとんどです。

 

メーカーの純正トナーは、発色も良く綺麗に印刷することができます。

 

また、

 

メーカーが直接生産し販売しているトナーなので、安心感もあります。

 

そのため、複合機に使うトナーは、いつも純正品を選ぶ人が多いでしょう。

 

しかし、

 

メリットばかりと思いがちな純正トナーは、価格が高いことだけがネックです。

 

1色交換するだけでもかなりの出費で、全色交換すると大きな負担になります。

 

ですから、トナーが切れて交換をするときには、ランニングコストが高いと感じてしまうものです。

 

複合機のランニングコストは、リサイクルトナーを使えば解消することが可能です。

 

リサイクルトナーとは、純正のトナーカートリッジを回収し、再びインクを充填して再利用されたトナーです。

 

メーカーが生産・販売を行なうのではなく、専門の業者が販売しています。

 

リサイクルトナーは純正品よりも価格が非常に安く、ランニングコストを抑えることが可能です。

 

複合機のトナーを交換するときに、いつもコストが高いと感じる人でも納得できるほど安いです。

 

また、メーカー生産を終了した複合機のトナーでも、リサイクルトナーなら入手できる可能性があります。

 

古い複合機を使っている人にとっては、唯一の選択肢になることもあるのです。

 

これらのメリットのあるリサイクルトナーですが、デメリットもあります。

 

デメリットで一番大きいのは、メーカー保証を受けられなくなることです。

 

複合機のメーカーはリサイクルトナーの使用を認めていないので、保証を受けられなくなるので注意が必要です。

 

また、印刷の品質についても、純正品に比べるとリサイクルトナーは落ちます。

 

特に画像を印刷するときには、品質の違いを感じてしまうでしょう。
しかし
最近のリサイクルトナーは、品質が向上している製品も一部にはあります。

 

また、複合機かが故障したときにも保証してくれる販売業者はあるので、デメリットは解消できます。"