トナーの交換方法

トナーカートリッジの交換方法

印字がかすれたり、

 

文字にムラが出て来た時はトナーのインクが切れかけている頃なので、

 

新しいものを購入してきて交換する必要があります。

 

交換するためのトナーはメーカーや型番によってサイズ、

 

形が異なるので、間違ったものを購入すると交換できないこともあります。

 

必ず型番を確認して、対応したものを購入するようにしましょう。

 

トナー交換もまた機種によって違いがあるので、

 

初めて交換をする際は取扱説明書などに記載された交換方法を確認してから行うようにします。

 

大抵の機種は交換が容易にできるように、本体前カバーを外せば見える位置に存在しています。

 

固定方法も

 

  • トナーを一度押し込んでから出てくるタイプと、
  •  

  • 上に引き上げてから引っ張り出すタイプに分かれます。

 

取り出した時点でそのまま机の上などに置くと、

 

インクの粉が落ちて黒くなってしまうので、

 

新聞紙などを下に敷いて汚れないようにしましょう。

 

次に交換用の新しいものを袋から出し、

 

横にしたまま内部の粉を均一にならすために5〜6回ほど振ります。

 

強く振ると粉がこぼれることもあるので、ゆっくりと振るようにしましょう。

 

終わったら机の上などの平らな場所に置いて、

 

シーリングテープなどの保護シールを外し、

 

古いトナーを取り出したのと同じ向きに持って本体に取り付けます。

 

半端に取り付けると接触が悪く認識されないこともあるので、

 

カチッと音がなるまで奥に押し込むようにしましょう。

 

最後に本体の前カバーを閉めて、

 

印字テストをしてかすれたりしなければ完了です。

 

前カバーが閉まらない時は、

 

トナーがしっかりと入っていない可能性があるので、

 

取り付け状態を見て前面に出ていないか確認します。

 

無理にカバーを閉めると故障の原因にもなるので注意が必要です。

 

古いトナーは回収業者に渡すことになるので、

 

購入した箱の中に保護袋などがあれば、

 

その中に入れて回収してもらいます。

 

もしも袋が無ければ、購入したトナーを包んでいた袋に入れるようにします。